開業・設立をサポート

個人事業を開業、法人を設立した場合はどのような準備が必要になってくるのでしょうか?事業遂行上、継続して大切なことがあります。

個人の開業、法人の設立となれば事務所、店舗の変更・入居に伴いホームページの新設・更新、印鑑・印刷物の発注、必要な備品の購入など普段では行わないことをする必要があります。開業資金がもっと必要であれば融資を受ける必要がありますし、事業継続のため営業の下準備は必須です。

時間は限られていますので、お客様には事業に関係することをご準備けるように税務関係は当事務所、その他行政関係は提携士業でワンストップでサポートします。

開業・設立時の融資について

開業・設立となると、事業で実店舗・事務所などを構える場合は多額の資金が必要になってきます。

開業・設立当初は事業の実績がありませんから、経営計画書を作成し融資を受ける訳です。

その機会を生かさない手はありません。

単に融資を受けるためだけに空虚な数字を埋め、忙しい時間を浪費し、事業戦略をブラッシュアップしないとは勿体ないと思いませんか?

また、信用保証協会の保証付き融資(マル保融資)の制度が大きく改正されこれまでと同じように融資が受けられなくなります。

これまで金融機関は、「決算書」「担保・保証」で融資していました。これからは更に、「事業性評価」が加わります。

事業性評価のポイントは、過去ではなく、これから「自社がどのような成長戦略を描いていくのか」という未来に着目します。

あおい会計がお客様にご提供しているコミットメントサービスと事業性評価は符合しています。

信用保証制度の見直しについての詳細は以下の記事をご確認ください。

開業・設立の方向けに簡易バージョンの経営計画書をご用意しております。この機会にもう一度あなたのビジョン・目標からブレイクダウンした戦略を確認してみてください。

経営計画書サービスについて詳しく知りたい方は以下よりご覧下さい。

勿論、融資のご相談もお受けしております。

当事務所は認定支援機関に登録しておりますので、ご安心ください。

その他、さまざまなサポートを用意しております。お気軽にお問い合わせください。

その他の行政手続きは法人の設立登記や社会保険・労働保険の新規適用、許可関係があります。

お気軽にお問い合わせください 06-6585-9631 受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら