記帳代行・自計化は状況により選ぶ

帳簿への記帳は「記帳代行」か、お客様が入力する「自計化」が良いか?それぞれ事業規模によってメリットとデメリットがあります。

もちろん、「記帳代行」と「自計化」を選択するのはお客様の自由ですから当事務所がどちらかを強制するものではありません。

ここでは、「状況によってどのような影響があるのか」をお話しします。

事業規模が大きく管理部門がある場合

事業規模が大きく管理部門ができた場合は「自計化」したほうが良いです。社内で経理処理することにより、経営者が短期間で会計データを確認できるメリットがあります。

「記帳代行」した場合は、事業規模に応じて経理処理件数が増加し月次報告までにタイムラグがあり経営判断に悪影響が生じるかもしれないデメリットがあります。

開業・設立当初や小規模な事業

開業・設立当初であったり小規模な事業で経営者が経理処理する意思がなければ「記帳代行」したほうが良いでしょう。月次報告までのタイムラグはありますが、経理処理だけのために人を雇用するのは責任とコストがかかりすぎます。また、経営者は多忙です。慣れない経理処理をする時間があれば営業や人事その他事業でやるべきことは沢山あります。さらに、開業・設立当初は経理処理に特殊なものが多く、貴重な時間を浪費してしまいます。

経営者が経理処理する意思があれば「自計化」した方が良いです。経営者自ら数字に触れることにより理解が深まり、経営者が短期間で会計数値を確認できるメリットがあるからです。

会計数値を確認できるメリット

短期間で会計数値を確認することは、PDCAサイクルのC(Check:評価)を行い、次のA(Action:改善)にサイクルが移行できるということです。つまり、新規事業戦略の対策や見直し、事業戦術の変更や対策が、経営計画と月次決算の乖離評価をとおして早期に実施可能ということになります。

PDCAサイクルについては以下の記事をご覧下さい。

あおい会計では「記帳代行」「自計化」ともにお客様のご要望に柔軟に応対します。「自計化」される場合はサポートもさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください 06-6585-9631 受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら